土曜日オステオパシー(Osteopathy)を試してきました。

ここ数年色々な痛みに悩まされていた私。

本当に至る所が痛くて、詳しく話すと時間かかるので省略。

マッサージ、鍼、カイロ、理学療法(Physiotherapy)と色々試したけどあまり効果なし。

お友達にオステオパシーを試してみたら?と言われ、試して損はない!という気持ちで行って来ました。

 

結論、なんとも不思議な体験でした。

 

初めてだったのでアセスメントから。 先生が体をあらゆる角度から観察。

 

そして、、、、

 

先生「足よく組みますか?」

私「組みません」

先生「組んでる状態のように骨盤歪んでます。足組まないのにここまで歪んだのはすごいですね」

やっぱり。。。自分でも歪んでると思ってたけど。

先生「大丈夫ですよ。治ります」

先生の言葉が本当な事を祈ります。

 

最初はベットに仰向けになっての施術。

何もしてないように見えるので、「今何してるんですか?」と聞いてみました。

「仙骨の動きを見ています。」とのこと。

そしてなんだか、いつも痛い所がジンジンしてきて、そこから足のつま先までピリピリ。

なんとも不思議な痛み?というか筋肉が引っ張られてるような感覚。

その後うつ伏せ、横向きと施術をして頂き、今日はここまで。ということで全体で50分ぐらい。

 

オステオパシーの詳しい内容はこちら

 

基礎理論は下記 (Wikipediaから)

  • 身体はひとつのユニットであり、身体の諸器官や組織は互いに関連して機能している。
  • 身体の機能と構造は相互に関係する。
  • 身体は自己治癒力を備えている。
  • 自己治癒力を上回る何らかの外力または内的変化が生じた時に病気が発生する。
  • そのような機能障害(オステオパシーでは体性機能障害(Somatic dysfunction)という)を、筋、関節、神経、血液(動脈・静脈)、リンパ、脳脊髄液、諸内臓などを総合的に観察した上で見つけ、矯正することにより、健康に導く。

 

どれも同感する内容です。

色んな方に見てもらいましたが、やっぱり痛みに対しての考え方が違うことも多々。

鍼であれ、Physiotherapyであれ、自分とあった考え方を持ってるセラピストに診てもらうというのはとても大事な事だと思います。

 

なんで自分だけがこんなに痛いんだろうとか、この痛みと一生付き合っていかないといけないんだろうかとかなり落ち込んでた時もありました。

痛みがあると気持ちも下がるし、なによりイライラしたりして性格が変わります(笑)

でも今は治す事に専念。 やっぱり治そうという努力をやめたら治らない。

絶対治してやる!と今は思ってます。

 

今週また木曜日に行ってきます! 何かしら効果があればいいな。

Advertisements