11月17日。

普段はなかなか見れないCattle Egretがトロントに来ているということで、自転車で片道一時間かけてEtobicokeにあるCokonel Samuel Smith Parkへ。

公園の入り口につくと、さっそく大きなカメラを持ってる人たちを発見。

大体行く前に公園のどのあたりにいるか情報をゲットしてあったので、そこへ直行。

 

いました、いました。 みんなの熱い視線の先に。

dscn5838
Cattle Egret

このEgret、普段は南アメリカに生息する鳥。

渡って来てもアメリカ中部辺りなので、トロントで見れるのは貴重です。

dscn5850

似たようなGreat Egretはトロントでよくみかけますが、それと比べるとかなり小ぶり。

dscn5866

人に慣れてるのか、距離感とっても近かったです。

たまに飛ぶけど、基本的には岩のあたりをうろうろ。

なんともうっとり観察していると、気づけば周りは人だかり。 大スターです。

鳥に興味がない通りがかりの人たちも、何見てるの?何がいるの?と大騒ぎ。

dscn5889
かなりの人気者。 観客大勢

よーくみてると、岩と岩の間から上手に虫を取って食べてました。

dscn5905

なかなかの大スターで、大勢の観客を魅了しておりました。

飛んだ~っと思ったら、すぐ地面に戻って、トレイルをふらふらとお散歩。

なんとも愛嬌たっぶり。

dscn5910

また会えるかな、Cattle Egret。

Happy Birding🐤🐤🐤🐤

Advertisements